マンションがなかなか売れない理由とは?売却するためにすべきこと
基礎知識

マンションがなかなか売れない理由とは?売却するためにすべきこと

マンションを売ろうとするとき、「本当に売れるのか……」と心配になるかもしれません。実際に売りにくいマンションは存在します。 もし、マンションが3ヶ月以上売れない場合は、「何か原因がある」と疑うべきでしょう。そして、その原因から解消できる対策を講じなければ、売れない期間が長期化してしまう可能性があります。今回は、早期にマンションを売却するためのポイントを解説します。

販売開始後3ヶ月経過したマンションは見直しを

中古マンションは大体3ヶ月程度で売却できるだろうと見ている不動産仲介会社の営業担当者は少なくありません。 そのため、3ヶ月が経過しても売れない場合、なんらかの手段を講じる必要があります。

売出価格を見直す

販売活動を始めて3ヶ月が経過したマンションオーナーがまずすべきことは、売出価格を見直すことです。これまで何人かの購入希望者が現れたものの、価格が折り合わないことが続いている物件は、いったん決めてしまった値段に執着してしまうことなく、状況に変化に応じて価格変更するなどすることをおすすめします。いったん決めてしまった価格に過度に執着してしまうことなく、状況の変化に応じて価格変更したほうがよいでしょう。 但し、「将来にわたって絶対に現行の売出価格で売れない」とは言い切れません。急遽その地区にマンションが必要になった人が、値引き交渉なしで買ってくれる可能性もゼロではありません。 しかしそのように淡い期待を抱いていても、現実には1年以上待ったのに売れなくて、頭を抱えてしまうこともあるのです。 1年以上売りに出されたマンションは、「いわくつきかもしれない」と疑われ、ますます売れにくくなる可能性もあります。 そのため、3ヶ月が経過したら仲介する不動産仲介会社に一度相談したほうが良いでしょう。

広告活動を見直す

広告活動を見直す

市況などの状況に応じた価格を提示しているのに売れない場合、広告活動に問題があるのかもしれません。 自分のマンションのPR広告を客観的に見ることは難しいと思います。そういった場合は、「仮に自分がそのマンションを買うとしたらどうするか?」ということを考えてみるといいでしょう。 その際、「悪い点、ネガティブになりがちな点」に最初に目を向けるようにしましょう。 あえて悪い点から見ることで、自分が売ろうとしているマンションをより客観的に見ることが出来ます。 また、Webサイトやチラシの内容を、不動産仲介会社の担当者と一緒に見直してみてはいかがでしょうか。 内覧会にもひと工夫加えましょう。内覧希望者がくるときは、部屋を整理整頓しておくことはもちろんのこと、マンションの管理規約や管理費に関する資料を整えておくとよいでしょう。

内覧も重要!

内覧も重要!

マンションを売る際、内覧会を開催するケースもありますが、内覧会を行ってもなお売れない場合、マンションの魅力を正しく伝えられていない可能性があります。 内覧の際には住み心地や周辺環境、売却する理由などを伝えて、入居者視点からの「マンションのアピール」をしつつ、購入者の不安を取り除くようにすることも重要です。 たとえば、小さい子供がいる場合は子供が遊べる公園などが近くにあることをアピールしたり、家族連れであるならば近くにあるスーパーなどへのアクセスの良さなどをアピールしましょう。 こういったアピールは不動産仲介会社から伝えてもらうより、実際に生活をしていた人から話してもらうほうがより強くアピールできるのです。

まとめ

強気の価格を設定して3ヶ月間売れなかったら、売出価格の見直しを検討すべき、と考えるようにしましょう。そして考え方を、「高く売りたい」という気持ちを「早く売りたい」に変えるのです。このように考え方を切り替えた後に、あらためて、価格の見直しや売却におけるPRポイント、そして仲介をしてくれる不動産仲介会社との連携について見直していきましょう。

<監修者>
田井 能久
不動産コンサルタント
不動産鑑定士として25年のキャリアを持つ。訴訟や調停、並びに相続等の税務申告のための鑑定評価書の作成が得意。 最近はマレーシアを中心としたビザの取得と海外移住のサポートを通して、トータルな資産コンサルティングも展開している。

カテゴリーから探す

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします

STEP1

物件種別を選択

STEP2

都道府県を選択

STEP3

市区郡町村を選択

STEP4

町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!