マンションの売却期間は平均どれくらい? マンションの売却期間は平均どれくらい?
基礎知識

マンションの売却期間は平均どれくらい?

個人が自身のマンションを売るとき、どれくらいの期間で売却できるのか、気になるのではないでしょうか。不動産仲介会社の担当者によって、「3ヶ月ほどで売ることができる」と聞かされたり、「半年はかかる」と聞かされたりと、期間の見立てはさまざまなようです。ただ、売却活動に着手してから1年以上かかるケースもあります。 そこで今回では「3ヶ月」をひとつの目途にして、「3ヶ月以上売れなかったときの対処法」を解説します。

不動産仲介会社の査定は平均3ヶ月で売れる可能性が高い価格

不動産仲介会社が行う査定では、最大3ヶ月ほどで販売できる可能性が高い価格で設定されることが多いです。
そのため、長い目で見ても、3ヶ月物件が売れなかった場合、価格の見直しや広告手法の変更などの手段が行われます。

しかし、その3ヶ月までの間、何もしなくていいのかと言えばそうではありません。
もし、販売から1ヶ月経っても売れない場合、その段階で一度価格の見直しを行うことをおすすめします。
おそらく売出価格は市場調査を行って決めたかと思います。マンションのオーナー自身が市場調査を行っていなくても、不動産仲介会社が実施しているはずです。

しかし市場調査は、結局は売出価格を決めるときの資料にすぎません。実際に成約価格を決めるのは、購入希望者です。「不動産価格には相場がある」と言われますが、その相場に応じた価格をつけてみても、消費者が「高い」と感じたら売れないのです。

そのため、1ヶ月経っても売れなかったか価格の見直しを行う、また1ヶ月様子見てそれでもまだ売れ残るようなら再度見直しを……という風にやると、よりいい話につながりやすくなります。
大事なことは、現行の価格が市場のニーズと比較し、「やっぱり高い」ことがわかったら、その価格に執着しすぎずに値下げを検討することです。

3ヶ月経っても売れなかったら売却活動を変えよう

3ヶ月経っても売れなかったら売却活動を変えよう

上記で説明したように、1ヶ月単位で価格の見直しを行ってもまだ売れなかった場合、具体的には売出してから3ヶ月経ってもマンションが売れなかったら、ほかの売却活動も変えて行きましょう。
まずは広告を見直してください。不動産仲介会社が作成しているWebのページやチラシは魅力的でしょうか。それらを見て「買いたい」と思ってもらえるでしょうか。

自分のマンションの場合、客観的な判断が難しいため、そういった場合は、「仮に自分がそのマンションを買うとしたらどうするか?」という視点で考えてみるといいでしょう。
その際、「悪い点、ネガティブになりがちな点」に最初に目を向けることで見直すべきポイントに気付けるかもしれません。そのうえで広告の内容を不動産仲介会社の担当者と一緒に見直してみてはいかがでしょうか。

加えて、内覧会のときのおもてなしも大切です。内覧会に参加した人たちに、「引き渡し時期は相談に応じますよ」と伝えたりするのも効果的です。

特に内覧活動は不動産仲介会社に一任をして、一切携わっていない人も多いのではないでしょうか?
内覧会にそのマンションに居住していた人が参加をすることで、参加者からの質疑に対してリアルタイムに回答が行えますし、具体的にそのマンション周辺の生活環境に関してもアピールをすることができます。

たとえ、駅からマンションが遠くても、実は坂道等もなく意外と不便ではないのかもしれませんし、近くに安売りを頻繁に行ってくれるスーパーがあるのかもしれません。
また、近所にどのような人が住んでいるのかも、実際にそのマンションに住んでいた人にしか知りえない情報になります。

そういった情報を伝えることで、購入希望者に対して「それなら買ってもいいかな」という後押しをすることにつながります。

そのため、長い間マンションが売れない場合は、不動産仲介会社にすべて任せきりにしてしまうのではなく、不動産仲介会社と一緒にマンションを売るように考え方を変えると、よりいい話につながるかもしれません。

まとめ

多くの人から「憧れの地」と思われているブランド化されている地域などを除けば、中古マンションの価格は築年数が経つにつれて下がっていく傾向があります。だからこそ、中古マンションは「売ると決めたら早く売る」のが鉄則なのです。
ただ、マンションは財産なので、無碍に売り急ぐことはしないようにしましょう。
もし1ヶ月経っても売れない場合は売出価格の見直しを行い、さらに3ヶ月経っても売れないようであればさらなる手段を不動産仲介会社と考えるようにしましょう。

<監修者>
小林弘司
不動産コンサルタント/不動産投資アドバイザー

東京生まれ、東京育ち。海外取引メインの商社マン、外資系マーケティング、ライセンス会社などを経て、現在は東京都内にビル、マンション、アパート、コインパーキングなど複数保有する不動産ビジネスのオーナー経営者(創業者)。ネイティヴによる英語スクールの共同経営者、地元の区の「ビジネス相談員」、企業顧問なども行う。

カテゴリーから探す

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします

STEP1

物件種別を選択

STEP2

都道府県を選択

STEP3

市区郡町村を選択

STEP4

町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!