不動産一括査定サイトの利用において、知っておくべきメリット・デメリット

基礎知識
不動産一括査定サイトの利用において、知っておくべきメリット・デメリット 不動産一括査定サイトの利用において、知っておくべきメリット・デメリット

不動産一括査定サイトを利用するにあたり「営業電話が鳴りやまなかったらどうしよう」「匿名で査定してもらえるところはないか」と悩んでいませんか。
不動産一括査定のメリットは、少ない手間で複数社の査定を受けられる点です。
一方、デメリットは実際に利用しないと分からないことが多い点です。
不動産一括査定を安心して利用するためには、そのサイトやサービスの仕組みを知り、デメリットの対処法を押さえておくことが大切です。ここでは、不動産一括査定サイトを利用するメリット・デメリットのほか、サイトを利用する際の流れや注意点について解説します。

不動産一括査定とはどのようなものか

不動産一括査定とはどのようなものか

マンションや住宅などの相場を知りたいとき「インターネットで不動産仲介会社に査定を依頼しよう」と考える方もいるでしょう。

一度の申し込みで複数の不動産仲介会社に依頼できるWebサイトがあった場合、そのサイトは「不動産一括査定」サービスを行っています。

まずは不動産一括査定のサービス内容や仕組みについて見ていきましょう。

不動産一括査定とは

不動産一括査定とは、サイトをつうじて複数の不動産仲介会社に査定を依頼できるインターネットサービスです。
サイトには全国の不動産仲介会社が登録しており(※)、1回の申し込みで幅広いエリアの不動産仲介会社へ査定を依頼できる仕組みになっています。

※利用するサイトにより全国には対応していない場合あり

不動産一括査定の特徴

Webサイトで物件の情報を入力し、一括査定を申し込むと、不動産仲介会社とのマッチングが行われます。入力した情報の条件に合う不動産仲介会社が見つかると査定が実施され、結果が売主様のもとに届く仕組みです。

サイトに登録している仲介会社は、大手や中小(地場企業)などさまざま。一度に査定を依頼できる社数の上限はサイトによって異なります。多いところでは10社同時に依頼が可能です。

不動産一括査定サイトを利用するメリット・デメリット

不動産一括査定サイトを利用するメリット・デメリット

不動産一括サイトには以下のメリット・デメリットがあります。

不動産一括査定サイトを利用するメリット

・複数社の査定結果を比較できる
一括査定サイトから複数社に依頼すると、社数分の査定結果が出ます。複数の結果を比較することで、適正な売出価格を把握しやすくなります。

相場を上回る価格設定を行うと売れ残る可能性が高まり、相場を下回る価格設定を行うと売主様が損をします。
数百万円単位の価格差が出ることもあるので、複数社の査定価格から相場感を把握できるのは大きなメリットです。

・無料で利用できる
不動産一括査定サイトの運営会社は、提携する不動産仲介会社から収益を得ています。そのため、売主様はサービスを無料で利用できます。
売主様が不動産仲介会社へ費用(仲介手数料)を支払うタイミングは、売買契約の締結時です。

・複数社に査定依頼する手間が省ける
前述のように査定は複数社へ依頼することが基本です。
売主様が1社ずつ問い合わせると手間や時間がかかりますが、一括査定を利用すれば複数社に査定を依頼する際の労力を省くことができます。

不動産一括査定サイトを利用するデメリット

・営業電話が何度もかかってくる可能性がある
不動産一括査定サイトを利用すると、査定を依頼した不動産仲介会社から営業の電話がかかってくる場合があります。
電話の頻度は依頼した仲介会社によって異なりますが、査定申し込み後はある程度の対応が必要だと認識しておきましょう。

ただ、電話は「自社を選んでもらうための営業活動」でもあるため、担当者の対応を比較したいときに役立ちます。

電話対応をできるだけ避けたい場合は、連絡手段に「メール」を希望するなど、電話以外の方法で連絡してもらえるようにしましょう。

・サイトによっては悪質な不動産仲介会社が登録している可能性がある
不動産一括査定サイトでは、独自審査により登録する不動産仲介会社をふるいにかけています。しかし、悪質な企業が名を連ねている可能性もゼロではありません。
明らかに条件のいい提案などは鵜呑みにせず、複数社の提案を比較・検討しましょう。

・複数社からバラバラの査定価格が出て混乱する場合がある
複数社からの査定価格に幅があると「どの不動産仲介会社を信じていいか分からない」と迷うケースがあります。迷った場合は、査定価格の根拠を分かりやすく説明してくれた会社を選ぶことをおすすめします。

複数社の査定価格を比較できる点はメリットでもあるので、上手に対応しながら信頼のおける会社を見つけることが大切です。

不動産仲介会社の選び方についての詳細は、以下を参照してください。

関連記事:不動産売却・一括査定コラム:不動産会社はどこがおすすめ?不動産売却を成功させるための不動産会社の選び方

不動産一括査定サイトの利用の流れ

不動産一括査定サイトの利用の流れ

不動産一括査定サイトを利用する場合、必要な情報を入力して査定を申し込み、不動産仲介会社からの連絡を待つ、が基本的な流れです。

サイトにより入力の手順などは異なりますが、流れはほとんど変わりません。
ここからは、詳しい手順や必要な情報について見ていきます。

①査定を依頼したい土地や建物の情報を入力

まずは査定を依頼する土地や建物の情報を入力します。入力必須の項目としては以下があります。

  • 不動産の種別
  • 不動産の住所
  • 物件の築年数
  • 物件の状態
  • 物件の大きさ
  • 物件の所有状況
  • 希望の査定方法

不動産の種別は、マンションや一戸建て、土地などから当てはまるものを選択します。
マンションやアパート、ビルの場合は「1室」なのか「1棟」なのかを選択・記入することが一般的です。続けて不動産の所在地や築年数を入力します。

物件の状態は、現在の居住状況(居住中、賃貸中、空室)から正しいものを選びます。
売主様が所有する物件なら所有者は「本人所有」を選択し、売主様以外が所有する物件なら「家族なのか」「共有名義なのか」を確認のうえ入力します。

そして査定方法として「訪問査定」「簡易査定(机上査定)」のいずれかを選びましょう。それぞれの方法については後述します。

そのほか査定を依頼する理由や、不動産の建物面積・土地面積などを任意で入力します。建物面積や土地面積は、おおよその数値で問題ありません。

訪問査定:
訪問査定とは、対象の不動産を不動産仲介会社が訪問して査定する方法です。売主様の希望の日程に合わせて担当者が現地を訪れ、物件の状態や隣地との境界を確認。売主様へのヒアリングを行います。
簡易査定に比べて詳細な査定となるため、売却に向けて本格的に活動を進める予定の売主様におすすめの方法です。

簡易査定(机上査定):
簡易査定とは、対象の不動産に関連する情報から査定する方法です。仲介会社の担当者は現地に出向かず、査定の依頼があった不動産周辺の売出事例や過去の成約取引事例、1年に1度発表される公示価格などを参考に、査定価格を概算します。

訪問査定を受ける時間が確保できない売主様や「とりあえず目安の価格が知りたい」という売主様におすすめの方法です。

訪問査定と簡易査定の詳細は以下の記事を参照してください。

関連記事:マンション査定を行う際の注意点と重要なポイントを解説!簡易査定と訪問査定は何が違う?必要な書類は?

②個人情報の入力

次に売主様の情報(氏名、メールアドレス、電話番号、現住所)を入力します。
メールアドレスや電話番号は連絡を受けられるものを入力しましょう。
年齢の入力については、利用する一括査定サイトによって異なります(※すまいValueの場合は任意です)。

不動産の所有者が売主様本人でない場合や共有名義などの場合は、所有者に確認のうえ、査定依頼を行ってください。

③不動産仲介会社を選択して査定を申し込む

物件情報と個人情報の入力が完了すると、条件に当てはまる不動産仲介会社が表示されます(※すまいValueの場合。利用する一括査定サイトにより異なる)。

表示された不動産仲介会社の中から、査定を依頼する会社を2〜3社選択しましょう。複数社へ依頼することで、相場の比較がしやすくなります。

④不動産仲介会社からの連絡を待つ

査定の申し込みが完了したら、不動産仲介会社からの連絡を待ちます。
簡易査定を希望した場合は、不動産仲介会社からメールや電話で希望物件の査定価格を提示してもらえます。
訪問査定を希望した場合は担当者から連絡を受け、査定の日程を調整します。

連絡がない場合は「入力した情報に誤りがなかったか」「不動産仲介会社側からアナウンスが届いてないか」を確認してみましょう。
営業時間の短縮や繁忙期などの影響により、連絡が通常よりも遅れている場合があります。

不動産一括査定サイトを利用する場合の注意点

不動産一括査定サイトを利用する場合の注意点

ここからは、不動産一括査定サイトを利用する際の注意点を解説します。

匿名での査定はできない

不動産一括査定サイトは匿名での利用はできません。
個人情報を明かさずに不動産の相場を知りたい場合は、レインズ・マーケット・インフォメーションなどを利用しましょう。

物件情報は正確に記載する

入力する情報に誤りがあれば、適正な査定結果はでてきません。
中でも築年数は不動産の価値に関わる重要な情報です。土地面積や建物面積、間取りなどと合わせて、正しい情報を把握しておきましょう。
不動産情報が記載してある資料が手元にない場合は、最寄りの法務局で登記簿謄本を取得しましょう。

査定希望の不動産が対応エリア外の可能性がある

多くの不動産一括査定サイトは全国に対応していますが、サイトによっては対応外となるエリアもあります。
もし所有している不動産が一括査定の対応エリア外にある場合、査定が受けられません。「あらためて幅広いエリアに対応しているサイトを探す」「地元の不動産仲介会社へ問い合わせる」などを検討しましょう。

査定価格は高ければいいというものではない

「査定価格の高さ=不動産仲介会社の実力」ではありません。高額な査定価格が提案された場合は高値で売却できる可能性がありますが、だからといってその不動産仲介会社が優良とはいい切れません。

実際の取引では市況や買主様の希望により成約価格が変動します。交渉次第では査定価格以下の成約価格になることも知っておきましょう。

不動産仲介会社によっては、媒介契約を結ぶために高額な査定価格を提示するケースもあります。価格の根拠まできちんと確認し、担当者の対応から信頼に足るかどうかを見極めることが大切です。

まとめ

不動産一括査定サイトでは、無料かつ簡単に複数の仲介会社へ依頼できます。
ただし便利な反面、利用するサイトによっては以下の注意点があります。

  • 営業の電話が多い
  • 対応エリア外だと査定ができない
  • 複数の査定が出て、どれが正確な査定価格が分からず混乱する

不動産一括査定の利用を悩んでいる方は、ぜひ「すまいValue」をご検討ください。

「すまいValue」を利用した多くのお客様が「安心・安全に取引できた」と回答しています。不動産の一括査定のデメリットを気にすることなく、相性のいい不動産仲介者を見つけられるでしょう。
不動産の査定時に知っておくべき内容・注意点とは

<監修者>

宮本弘幸

宅地建物取引士

1960年石川県加賀市生まれ。大学卒業後、大手ハウスメーカーの営業として20年勤務した後、地元、金沢小松、加賀で不動産・住宅の営業に携わる。2016年より、石川県小松市にて、株式会社みやもと不動産を開業。お客さまのニーズをよく共有し、最適な提案を行う営業スタイルで、お客さまに愛される不動産業を心がけている。宅地建物取引士のほか、ファイナンシャルプランナー(AFP)、相続診断士などの資格を保有。

  • ※本コンテンツは公開日時点での法制度に基づいて作成しています。
  • ※実際の取引での法制度の適用可否については、税理士・税務署等にご確認のうえ判断してください。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

ご回答ありがとうございました。

カテゴリーから探す

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします

STEP1

物件種別を選択

STEP2

都道府県を選択

STEP3

市区郡町村を選択

STEP4

町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!