自宅の査定を行えるツール・サイトは、どれがいいのか?不動産の適切な査定方法を見つけよう

基礎知識
自宅の査定を行えるツール・サイトは、どれがいいのか?不動産の適切な査定方法を見つけよう 自宅の査定を行えるツール・サイトは、どれがいいのか?不動産の適切な査定方法を見つけよう

不動産売却は、人生において数少ない機会となる方も多いでしょう。はじめて自宅を売却する場合は、まず適正な売却額を知ることがポイントになります。
さて、不動産の価値を知りたいときは、どのような査定方法を選べばいいのでしょうか。

今回は、自宅の価値を知りたい不動産売買の初心者に向けて、自宅の査定に使えるツールやサイトの特徴、査定を行う際の具体的な流れ、注意点を解説します。

自宅の査定に使えるツール・サイトを特徴別に紹介

自宅の査定に使えるツール・サイトを特徴別に紹介

自宅の査定を行うなら、一括査定サービスを利用して査定価格を調べるのがおすすめです。ただし、不動産仲介会社に査定依頼を出すだけでなく、査定ツールを使う方法もあります。

自宅の価値を調べることが可能なツールやサイトには以下の3つがあります。それぞれの特徴を理解したうえで、売主様にとって使いやすいツール・サイトを選択しましょう。

1.不動産仲介会社のポータルサイト

不動産仲介会社のポータルサイトとは、不動産の売り物件情報を多数掲載した、広告・募集サイトのことです。
検索条件の指定により、買主様は自分の希望に近い物件をまとめて検索することができます。

買主様はポータルサイトを使って不動産を探すことが多いため、自宅を売却する際にはポータルサイトの使い方が重要となります。

また、一部のポータルサイトでは一括査定の機能があり、複数の不動産仲介会社にまとめて査定依頼を行うことが可能です。
物件情報をポータルサイト上で入力すれば、概算の査定価格を簡単に知ることができます。
不動産の売却可能額が気になる方は、気軽に無料査定を依頼するといいでしょう。

ただし、インターネット上だけで査定を行う場合は、査定価格と実際の相場にズレが生じるケースもあるため注意が必要です。

2.AIを用いた査定ツール

「氏名などの個人情報は明かさずに査定してみたい」という方は、AIを用いた査定ツールの利用がおすすめです。
査定結果の算出にはAIが用いられ、査定物件登録フォームに自宅の情報を入力するだけで、簡単に不動産の査定を行えます。

AIを用いた査定ツールのメリットは、匿名で査定ができることです。氏名や電話番号などを明かす必要がなく、ツールを利用しても営業電話がかかってくることもありません。「プライベートな情報を提供したくない」「売却前提ではないが査定結果だけを知りたい」という方に向いているでしょう。

AIを用いた査定ツールのデメリットは、物件によっては価格のブレが生じやすいことです。
価格変動の影響がツールに反映されづらいこと、最新の相場に合った査定価格が出ない物件があること、リフォームの有無など個別の条件を反映できないことにも注意しなくてはなりません。

3.有料の査定ツール

有料で使える査定ツールには「価格査定マニュアル」などがあります。
ただし、一般の方が気軽に利用できる査定ツールというよりは、不動産業界の担当者が使用するプロ向けのツールという位置付けです。

「価格査定マニュアル」は、公益財団法人不動産流通推進センターの査定ツールで、
査定対象は戸建て、RC戸建て、住宅地、マンションの4種類です。
不動産仲介会社の査定で実際に使われているツールということもあり、年間3,000円程度の利用料がかかりますが、自宅の価値を客観的な基準で知る手段として活用できるでしょう。

自宅の相場を調べられるサイトを特徴別に紹介

自宅の相場を調べられるサイトを特徴別に紹介

自宅の査定依頼を出しても、「そもそもの不動産の相場が分からない」という方もいるのではないでしょうか。不動産の相場を知りたい方は、以下のツールを参考にしてみましょう。

レインズマーケットインフォメーション

不動産売却に役立つシステムとして、「レインズマーケットインフォメーション」があります。
レインズ(REINS)とは、国土交通大臣指定の不動産流通機構によって管理されている、コンピュータ・ネットワーク・システムのことです。

レインズでは加入している不動産仲介会社によって物件情報が掲載され、希望条件を入力することで検索を行うことが可能です。
レインズ自体は不動産仲介会社向けのシステムですが、「REINS Market Information(レインズ・マーケット・インフォメーション)」であれば、一般の方でもレインズが保有する取引情報を確認できます。
レインズ・マーケット・インフォメーションでは、過去に成立した物件の取引情報などを確認することができます。「市場の動向を把握したい」「相場を気軽に確認したい」という方に役立つシステムだといえるでしょう。

土地総合情報システム

国土交通省の運営する「土地総合情報システム」では、不動産の取引価格、標準地の価格(地価公示)、基準地の価格(都道府県地価調査)が閲覧可能です。
このシステムでは、不動産を購入した方からのアンケートによって、取引価格情報がまとめられています。

不動産取引価格情報検索では、「宅地」「土地」「「中古マンション等」など、不動産の種類を指定して検索することができます。
実際に不動産の取引されている価格を把握できるので、近隣の条件が似ている物件の売却情報を調べることで、実際の相場観を知ることができるでしょう。

土地の値段を調べるなら、以下も参考にしてください。

関連記事:
土地の値段の調べ方は5つある!売却・相続時にどの方法で調べればいいのかを解説

自宅の査定を行う流れ

自宅の査定を行う流れ

自宅の売出価格を決定するには、不動産仲介会社への査定依頼を行うことが一般的です。
なお、不動産の査定方法には「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定(詳細査定)」があります。
この2つの違いを理解したうえで申し込みましょう。

机上査定とは、インターネットや電話で査定を行う簡易的な査定です。
入力された物件情報をもとに査定価格を算出するため、結果が出るまでの時間が少なくすみます。
デメリットは実際の物件の状態を確認しないため、査定の精度が低くなることです。

一方、訪問査定では不動産仲介会社の担当者が現地に足を運ぶため、建物の劣化や周辺の雰囲気を加味して査定が行われます。
机上査定よりも査定結果の算出に時間がかかりますが、より精度の高い査定価格を得られるでしょう。

不動産の相場を大まかに知りたい方は「机上査定」を、売却を本格的に検討している方は「訪問査定」を選択しましょう。

自宅の査定を行う場合、査定方法によって細かな違いはありますが、一般的には以下のような流れになります。

1.査定に必要な情報の入力

まずは、使用する査定サイトや査定ツールで、査定に必要な物件情報を入力していきます。
物件の立地・築年数・間取り・建物面積など、またマンションの場合は階数の入力が必要です。

2.不動産仲介会社を選ぶ

複数の不動産仲介会社が関わっているポータルサイトでは、どの不動産仲介会社に査定を依頼するのか選択可能なケースがあります。

複数の不動産仲介会社とやり取りするのは面倒に感じてしまうかもしれませんが、不動産仲介会社ごとに得意な物件の種類や地域があり、同じ物件であっても不動産仲介会社によって算出される査定価格が異なるため、できるだけ多くの不動産仲介会社に査定を依頼しましょう。

不動産一括査定サービスを利用すれば、まとめて複数社に査定依頼を出すことができます。
依頼後にメールや電話などで査定価格が送られてくるので、提示された査定価格や取引実績を確認しつつ、候補を絞り込んでいきます。

3.査定価格・担当者の相性をふまえて依頼する不動産仲介会社を選ぶ

一括査定を行って、不動産仲介会社の査定価格が揃ったら、媒介契約を提携する会社を選びましょう。
依頼先を選ぶ際に大切なのは、査定価格の根拠を説明してもらい、納得したうえで選ぶことです。

不動産仲介会社に査定依頼をする前に、ある程度売却予定の自宅の価値を調べておくことも重要です。
実際の相場を大まかにでも知っておくことで、提示される査定価格が相場とかけ離れている場合に、いち早く気づくことができます。

不動産の相場の調べ方については、以下で詳しく説明しています。
自宅の売却を検討している方は、ぜひご一読ください。

関連記事:
不動産の相場を自分で調べる方法は3つある!それぞれの特徴を紹介

また、査定価格の高い不動産仲介会社や、規模が大きく知名度のある不動産仲介会社を選んだとしても、売主様との相性がいいとはかぎりません。
実際に担当者とコミュニケーションを取る中で、気になったことがあれば遠慮なく質問してみましょう。

不動産の売却を進めるにあたって、担当者との相性は非常に重要です。
査定価格だけを見るのではなく、担当者の対応も含めて検討してみてください。

家の査定をツール・サイトで行う際の注意点

家の査定をツール・サイトで行う際の注意点

自宅の査定を行うときに、注意しておきたいポイントは以下の通りです。

• 複数の不動産仲介会社または複数のツール・サイトを使って査定価格を比較したほうが良い
• 入力する情報が少ないほど、査定の精度は低くなる
• 机上査定よりも、訪問査定のほうが査定の精度が高い
• 「査定価格=売出価格」ではない
• 高い査定価格が出たとしても、信用しすぎない

自宅の査定を行う際は、査定ツールやサイトを利用して、不動産の大まかな相場を掴んでおく必要があります。
適正な査定価格を知るためには、複数の不動産仲介会社に査定を依頼して、相場と照らし合わせながら比較していくことが大切です。

査定価格をチェックする際に覚えておきたいのが、「査定価格と売出価格は同じではない」ということです。
「査定価格」とは、物件の価値を不動産仲介会社の分析や調査によって算出した、売却可能価格を指します。
「3ヶ月以内に売れると想定される価格」として提示され、不動産仲介会社を選ぶうえで重要な要素の一つとなります。

一方、売主様の希望に基づいて決定されるのが「売出価格」です。
インターネットやチラシに掲載される物件情報の価格が、これにあたります。

売出価格は、査定価格を参考にして決定するのが一般的です。査定価格よりも高めに設定することもできますが、売出価格を高くすると基本的には売却が難しくなるため、売主様と不動産仲介会社がよく打ち合わせた価格設定が重要です。

適正価格で売却する際のポイントは、査定を依頼するときに自分の希望条件を不動産仲介会社に事前に伝えておくことです。
いくら以上で売却したいのか、いつまでに売却したいのか、といった条件によって売出価格にも影響が出ます。

「引越しが迫っているので早く売りたい」「売却を急いでいないので希望価格で売ることを優先したい」など、率直な希望を伝えてみて、不動産仲介会社の担当者と自宅の売却方法を考えていきましょう。

まとめ

自宅の査定を行えるツールを使用すれば、匿名でも査定価格を算出できるメリットがあります。ただし、有料ツールが多いこと、無料のツールでは最新情報を得られない可能性があることを理解しておきましょう。

自宅の査定を行うなら、不動産一括査定サイトで査定を行うのがスムーズです。併せて、査定価格が適正なものかを調べるために、レインズマーケットインフォメーション、土地総合情報システムを使用するのが良いでしょう。

適正な価格で売却を進めていくためには、まず正しい査定価格を知ることが肝心です。
複数の不動産仲介会社で査定を行い、相場や担当者の対応など条件を比較しながら、安心して売却を任せられる依頼先を見つけていきましょう。
その際は、複数の不動産仲介会社に一括で査定依頼ができる、「すまいValue」の利用をおすすめします。

すまいValueは、不動産大手6社が運営している「不動産売却ポータルサイト」です。
大手ならではの売却力・安心感から、多くの売主様に選ばれています。

「すまいValue」では、全国規模のネットワークを駆使して地域に合ったサポートが可能です。まずは大手6社への依頼が簡単に行える「すまいValue」の一括査定をお試しください。
中古住宅の査定(見積)とは?戸建て・マンションの査定依頼時に注意すべきポイントを紹介!

<監修者>

宮本弘幸

宅地建物取引士

1960年石川県加賀市生まれ。大学卒業後、大手ハウスメーカーの営業として20年勤務した後、地元、金沢小松、加賀で不動産・住宅の営業に携わる。2016年より、石川県小松市にて、株式会社みやもと不動産を開業。お客さまのニーズをよく共有し、最適な提案を行う営業スタイルで、お客さまに愛される不動産業を心がけている。宅地建物取引士のほか、ファイナンシャルプランナー(AFP)、相続診断士などの資格を保有。

  • ※本コンテンツは公開日時点での法制度に基づいて作成しています。
  • ※実際の取引での法制度の適用可否については、税理士・税務署等にご確認のうえ判断してください。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

ご回答ありがとうございました。

カテゴリーから探す

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします

STEP1

物件種別を選択

STEP2

都道府県を選択

STEP3

市区郡町村を選択

STEP4

町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!