初めて土地を売るときに押さえておくべきコツとは

基礎知識
初めて土地を売るときに押さえておくべきコツとは 初めて土地を売るときに押さえておくべきコツとは

土地を売るという行為は、人生において頻繁に経験するものではありません。それだけに、あらかじめ土地を売ることを想定し、知識を蓄えておくという人は少ないでしょう。実際、初めて土地を売る必要が出てきたときに、どう進めればよいのかわからなくなるケースも多く存在します。
いざ土地を売る機会が訪れた際、適正な価格でトラブルなく取引ができるようにするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。
今回は、初めて土地を売るときに必ず押さえておきたいコツについて、解説していきます。

土地の相場を正しく知ろう

土地の相場を正しく知ろう

初めて土地を売るときに最初にすべきことは、売ろうとしている土地の価値を知ることです。具体的には地質や地盤、周辺環境、路線などの条件から、土地の相場として知ることができます。

所有する土地の価格を査定前に知ることはできませんが、土地相場を知っていることで、早い段階から売却後の資金をどのように動かしていくか、おおまかに計画することが可能です。

土地相場を知る方法としては、インターネット上に公開されている土地価格の中から、売却予定の土地と似た環境の不動産を参考にしたり、近隣の不動産仲介会社の広告を閲覧することで知ることができます。

より手軽に情報を得たい場合には、国土交通省のサイト「土地総合情報システム」の利用もおすすめです。土地総合情報システムを利用すると詳細な条件などの情報を見ることができますので、ご自身が所有する土地に似たような相場を把握しやすくなります。

また、一般社団法人の資産評価システム研究センターが運営し、公的土地評価情報を発信している「全国地価マップ」で土地の評価額を知ることもできます。

土地価格については、以下の記事でも詳しく説明しています。ご興味があれば、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:「土地の価格ってどう計算するの?相場の調べ方は?

不動産仲介会社の選択は慎重に

不動産売買に慣れていないと、地元の不動産仲介会社だからという理由だけで委ねてしまうケースが見られますが、不動産仲介会社の選択は慎重におこなう必要があります。

不動産仲介会社の選択を慎重におこなう理由ですが、会社によって売主様が売却を想定している土地のタイプ(都心なのか、地方なのか、空き地なのか、空き家があるのかなど)の売却実績が異なるからからです。

また、適正な価格で売り出し、取引を成功させるためには、複数の不動産仲介会社に査定を依頼するのがもっとも有効です。この査定を依頼したときに不動産仲介会社それぞれの担当者と直接話していくことで、売却を想定している土地のタイプの売却実績が豊富なのはどちらなのか、比較しやすくなります。そのうえでその土地のタイプに合った実績のある不動産仲介会社を選ぶようにすれば、失敗するリスクを減らせます。

なお、実際に担当者と話してみて「この人になら任せてもよいかな」というような直感も大切した方がよいでしょう。

不動産の売買は大きな金額を扱うため、いわゆる「衝動買い」や「即決」などというケースは多くありません。そのため、場合によっては担当者と長い付き合いになるケースも存在します。

その分やり取りも多く発生するため、信頼できる不動産仲介会社を見つけ出すことで、結果的に売主様にとって負担の少ない不動産売買をおこなえるでしょう。

不動産売買は売主様と不動産仲介会社との二人三脚で進めていくものになるため、信頼のおける不動産仲介会社選びが、土地売買の成功の要となります。

土地を売るために自分でもしておきたいこと

土地を売るために自分でもしておきたいこと

信頼のおける不動産仲介会社選びのほかに土地を売るときに心がけたいのは、「自分のできることを考えて実行する」ということです。

いかによい不動産仲介会社を見つけたとしても、売りに出すのはご自身が所有している土地です。適正な価格で売るために売主様ご自身でも努力することが大切です。

また土地や近隣の魅力など、その土地ならではの情報や土地に関する注意点、周辺の開発の話など、土地売買に有利に働きそうな情報を、あらかじめ不動産仲介会社に伝えておくようにすると、思いがけない効果がもたらされることも考えられます。

不動産仲介会社であっても、その土地のすべてを知っているわけではありません。その土地に住む売主様しか知り得ない情報などを提供することにより、土地売却が早期に決着する可能性もあります。

不動産仲介会社に任せきりにするのではなく、売主様としても価値を最大限引き出す努力を惜しまないようにしましょう。

まとめ

土地を売るためには、適切な不動産仲介会社を探すことをはじめ、ご自身で行動していくことが大切です。予備知識がないと土地に見合う適正な価格がわからず、不動産仲介会社の提示した価格によっては損をしてしまうこともあります。

よい不動産仲介会社選びをするためにも、事前に知識を蓄え、可能な限り希望が通る環境を整えましょう。できるだけよい条件で売るためには人任せにせず、自分でできることは何かを考え、実行していくことも重要です。

<監修者>

小林弘司

不動産コンサルタント/不動産投資アドバイザー

東京生まれ、東京育ち。海外取引メインの商社マン、外資系マーケティング、ライセンス会社などを経て、現在は東京都内にビル、マンション、アパート、コインパーキングなど複数保有する不動産ビジネスのオーナー経営者(創業者)です。ネイティヴによる英語スクールの共同経営者、地元の区の「ビジネス相談員」、企業顧問なども行っています。

  • ※本コンテンツは公開日時点での法制度に基づいて作成しています。
  • ※実際の取引での法制度の適用可否については、税理士・税務署等にご確認のうえ判断してください。
あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします

STEP1

物件種別を選択

STEP2

都道府県を選択

STEP3

市区郡町村を選択

STEP4

町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!