1. 不動産売却・一括査定のすまいValue
  2. 不動産業界ニュース
  3. 「平成30年7月豪雨」被害額、単一豪雨として過去最大 国交省調べ

2020年3月30日

「平成30年7月豪雨」被害額、単一豪雨として過去最大 国交省調べ

 国土交通省は3月24日、18年の水害被害額(確報値)をまとめ、公表した。

 同年に発生した全国の水害被害額は約1兆4050億円。このうち、「平成30年7月豪雨」による被害額は約1兆2150億円を占めており、単一の豪雨による被害としては、76年の台風17号等による被害額8844億円を上回り、61年の統計開始以来最大の被害額であることが分かった。

 都道府県別で「7月豪雨」被害額を見ると、岡山県が最も多く約4209億円だった。次いで広島県(約3388億円)、愛媛県(約1697億円)で被害額が大きく、この3県それぞれについても統計開始以来最も大きな被害額となっている。

ニュース提供元:住宅新報

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします

STEP1

物件種別を選択

STEP2

都道府県を選択

STEP3

市区郡町村を選択

STEP4

町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!
※8月8日~8月18日中は一部店舗が夏季休暇期間となりますため、ご連絡が遅くなる場合がございます。