1. 不動産売却・一括査定のすまいValue
  2. 不動産業界ニュース
  3. 基準地価、2年連続で下落 大阪圏・商業地は9年ぶり下落

2021年10月4日

基準地価、2年連続で下落 大阪圏・商業地は9年ぶり下落

 国土交通省は9月21日、21年都道府県地価調査(7月1日時点の基準地価)を公表した。同調査によると、全国の全用途平均は0.4%下落(前年比プラス0.2ポイント)で、2年連続の下落となった。用途別では、住宅地が0.5%下落(同プラス0.2ポイント)と下落率が縮小した一方、商業地は0.5%下落(同マイナス0.2ポイント)で下落率が拡大した。新型コロナウイルス感染症等の影響により、国内外の来訪客増加による店舗、ホテル需要でこれまで上昇してきた地域や、飲食店の集積地域での下落が続いている。

 三大都市圏では、全用途平均および商業地は上昇となったが、商業地は前年より0.6ポイントのマイナスとなり、上昇率が縮小した。特に大阪圏の商業地は0.6%下落(同マイナス1.8ポイント)となり12年以来、9年ぶりに下落に転じた。

ニュース提供元:住宅新報

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします
STEP1
物件種別を選択
STEP2
都道府県を選択
STEP3
市区郡町村を選択
STEP4
町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!
※8月7日~8月18日中は一部店舗が夏季休暇期間となりますため、ご連絡が遅くなる場合がございます。