1. 不動産売却・一括査定のすまいValue
  2. 不動産業界ニュース
  3. JLL調べ 東京圏の物流施設は空室率上昇、湾岸と内陸で地域差も

2021年12月20日

JLL調べ 東京圏の物流施設は空室率上昇、湾岸と内陸で地域差も

 ジョーンズラングラサール(JLL)は、2021年第3四半期(7~9月)の物流施設の稼働動向をまとめた。東京圏の期末時点の空室率は2.4%となり、前期との比較で1.6ポイント上昇し、前年比では2.3ポイント上昇した。東京湾岸の空室率は0.6%と前期比0.6ポイント上がった。一方、内陸エリアは3.3%と同2.0ポイント上昇し、地域差が拡大している。東京圏は期中に新規供給6棟65万8000平方メートルあった。ストックは前期比4%増えた。

 東京圏の賃料水準は、1坪当たり月額4407円となり、前期比0.1%、前年比1.4%上昇した。既存物件の賃料上昇と新規供給の高い賃料水準が押し上げた。湾岸エリアは0.5%、内陸エリアは0.2%それぞれ上昇した。取引価格も強含んでおり、期末時点の価格は前期比2.7%、前年比では12.8%の上昇幅だった。投資利回りの低下と緩やかな賃料上昇を反映した。ただ、期末時点の物流施設への投資総額は前年比68.5%減少し、848億円だった。

ニュース提供元:住宅新報

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします
STEP1
物件種別を選択
STEP2
都道府県を選択
STEP3
市区郡町村を選択
STEP4
町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!
※8月7日~8月18日中は一部店舗が夏季休暇期間となりますため、ご連絡が遅くなる場合がございます。