1. 不動産売却・一括査定のすまいValue
  2. 不動産業界ニュース
  3. 「フラット35」申請戸数、21年度は9.4万戸 住金機構

2022年5月23日

「フラット35」申請戸数、21年度は9.4万戸 住金機構

住宅金融支援機構は4月26日、21年度分の「フラット35」申請戸数を公表した。それによると、「フラット35」全体の申請戸数は9万4705戸(前年度比13.7%減)で、実績金額は2兆2127億円(同13・6%減)。

また、証券化支援事業の「フラット35(買取型)」の申請戸数は8万845戸(同14.8%減)で、借り換えを除いた申請戸数は7万6697戸(同16.1%減)となる。

住宅ローンを債務者が返済できなくなった場合に、金融機関に同機構が保険金(ローンの残高)を支払う「フラット35(保証型)」の申請戸数は1万3860戸(同6.2%減)。借り換えを除いた申請戸数は1万1486戸(同11.2%減)となる。

ニュース提供元:住宅新報

あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします
STEP1
物件種別を選択
STEP2
都道府県を選択
STEP3
市区郡町村を選択
STEP4
町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!
※8月7日~8月18日中は一部店舗が夏季休暇期間となりますため、ご連絡が遅くなる場合がございます。