不動産用語集

定率法(ていりつほう)

定率法とは、不動産等、固定資産の減価償却の方法のひとつで、最初は減価償却費が多く計上され、年々費用計上額が減少していく方法です。

償却率は耐用年数により決められており、さらに耐用年数は建物の構造、使用目的などで決められています。たとえば鉄筋コンクリート造、事務所用の建物は50年、木造の住宅は22年です。

「あ」行から始まる不動産用語
「か」行から始まる不動産用語
「さ」行から始まる不動産用語
「た」行から始まる不動産用語
「な」行から始まる不動産用語
「は」行から始まる不動産用語
「ま」行から始まる不動産用語
「や」行から始まる不動産用語
「ら」行から始まる不動産用語
あなたの不動産の売却可能額を最大6社が無料で提案いたします

STEP1

物件種別を選択

STEP2

都道府県を選択

STEP3

市区郡町村を選択

STEP4

町名を選択
null
完了まで最短60秒 無料査定スタート!